歯,歯肉の異常

歯が痛む,歯が痛む原因

歯、歯肉の異常
Home > 歯、歯肉の異常


 ★ 歯の異常

 ● 歯が痛む
 虫歯や虫歯が進行して起こる歯髄炎、歯根膜炎、歯槽骨炎のときにみられます。処置歯が痛むときは、処置が、不完全であったりか、つめたりがぶせたりしたところから、さらに虫歯が発生したか、いわゆる神経が完全に取れていないかのいずれかです。
 
 健全歯の歯根部が歯ブラシの不適当な使用ですり減ったときや歯のかみ合う表面がすり減ったとき、智歯周囲炎のときにも痛みます。抜歯後に痛むときは、歯根が折れ残っていたり、歯槽骨のとがった辺縁、抜歯創による細菌感染、抜歯のとき根の下の神経の露出などが原因です。

 口腔内のがん腫、肉腫などの悪性腫では、腫瘍の痛み意外に、初発症状として歯痛から始まることがあります。

 そのほか、全身疾患で体力が衰え、抵抗力が低下したとき、歯牙に発生した慢性炎症が急性化し、痛むことがあります。

 ● 歯痛の処置
 まず、歯痛の原因をたしかめる事が大切です。とりあえず応急処置として、市販の鎮静剤を服用して様子を見ます。虫歯の穴には、ヨードチンキをしみ込ませた綿球、または、クレオソートを砕いて挿入しておくと、一時的に鎮痛効果があります。いずれにしても、なるべく早く歯科医の処置を受けることです。
 

 ● 歯にしみる
 冷たいものや熱いものを食べたり、息を吸い込むと歯にしみいることがあります。これは、むし歯、化膿性歯髄炎(特に熱いものがしみ、冷たい水を口に含む と痛みが和らぐ)、歯槽膿漏炎、歯牙磨耗症(ことに歯肉縁の部分に歯ブラシを過度に使用して起こる)、歯牙咬耗症、それに歯髄の治療処置が不完全な歯に、 金属、セメントなどを詰めている場合にみられます。

 ● 歯が浮く
 歯根膜炎(強くかみしめたり、歯をたたくと痛みを感じる)のときにみられます。そのほか歯根尖部病巣、歯槽膿漏症、歯槽骨炎、顎骨骨炎などでみられます。

 ● 歯がぐらぐらする
 歯槽膿漏症では、ふつう痛みがなく、歯肉と歯の間から出血したり、うみが出たりして、歯がぐらぐらしてきます。このほか、歯根膜炎、歯槽骨炎、顎骨骨炎 のときにも起こりますが、骨に炎症があるときは、さらに他の症状を伴います。また、歯牙の外傷のときもぐらぐらします。がんなどの悪性腫瘍が歯肉に発生し たときは、歯槽骨がこわされ、しばしばその場所の歯がぐらぐらします。

 ● 歯の色が悪い
 飲料水中のフッ素含有量が多いときは、白色斑、かっ色斑などの斑状歯が見られます。また酸を扱う工場の工員に見られる酸蝕症もあります。テトラサイクリ ン系の抗生物質の服用で歯が黄色くなることがあります。そのほか、エナメル質形成不全、高度のむし歯、歯石、また不良充填物や喫煙による変色や着色もしば しば見られます。
 
スポンサードリンク
 ★ 歯肉(歯ぐき)の異常

 ● 歯肉から血が出る
 歯肉の部分に原因がある場合と、全身的な原因とがあります。前者では、歯肉炎・歯槽膿漏症、ようじや歯ブラシによる歯肉の損傷、合わない義歯、金属冠な どによる歯肉潰瘍、血管腫や悪性腫瘍などがあります。後者では、壊血病、白血病、紫斑病、悪性貧血、無顆粒細胞症、血友病などがあげられます。
 
 ● 歯肉からうみが出る
 これは歯槽膿漏症のことが多く、ほかに化膿性歯槽骨炎、慢性顎骨骨炎でもみられます。

 ● 歯肉がただれる
 義歯の辺縁にあたって起こる外傷性潰瘍、初期の歯肉がんなどでみられます。天疱瘡では、歯肉以外の口腔粘膜にも潰瘍ができ、痛みを伴います。

 ● 歯肉がはれる
 歯肉全体がはれるものとしては、思春期や妊娠時にみられる肥大性歯肉炎、てんかん治療薬のジランチンの長期服用による歯肉肥大、歯肉線維腫症などがあり ます。歯肉の一部が限局性にはれる病気には、知歯周囲炎、歯槽骨炎、顎骨骨炎、いろいろな腫瘍、たとえばエプーリスなどの良性腫瘍、がん腫や肉腫などの悪 性腫瘍、それに歯根嚢胞などいろいろな嚢胞があります。

 ● 歯肉の色が変わる
 白色斑が出るのは過角化症または白板症によるもので、その形は不規則ですが境がハッキリしています。扁平苔蘚(へんぺいたいせん)では、白色レース状の 白斑がみられます。かっ色になるのは、メラニン色素の沈着によるもので心配いりませんが、黒色になるときに悪性に転化すること(悪性黒色腫)もあります。 鉛、ヒ素、水銀などの重金属の慢性中毒により、歯肉のふちが青黒く着色することがあります。


スポンサードリンク


Copyright (C)  健康Life 症状でわかる病気 All Rights Reserved