スポンサードリンク

 
鼻の異常
Home > 鼻の異常

 ★ 鼻がつまる

 ● 一時的に鼻がつまる
 これは急性鼻炎、アレルギー性鼻炎などで起こります。
 
 ● いつも鼻がつまる
 これは肥厚性鼻炎、鼻中隔湾曲症、鼻たけ、蓄膿症、アデノイド、鼻咽腔炎などがあります。
 
 
鼻たけ=鼻腔の中にできる、きのこ状のやわらかい寒天のようなできもの。

 ★ 鼻じるが出る

 ● 水のような鼻じるが出る
 アレルギー性鼻炎では、発作的に、くしゃみや鼻づまりとともに止めどもなく出ます。急性鼻炎でも、くしゃみや鼻づまりのなどのあとではなみづが出て、やがて、うみのような鼻じるに変わります。

 ● ねばっこい鼻じるが出る
 鼻たけや慢性鼻炎のときに出ます。

 ● うみのような鼻じるが出る
 急性鼻炎や慢性鼻炎が進んだときや蓄膿症などで見られます。急性の蓄膿症の一種である菌性上顎炎では、急に悪臭のある濃いうみが出ます。この場合は、たいてい片側性です。

 ★ 鼻血が出る

鼻血の大部分は鼻孔から入ったすぐのところに起こります。鼻に指を入れて鼻をほじると鼻中隔の先端あたりますが、ここをかきこわして鼻血を出すことが多いのです。

 最近は、汚染した刺激の強い空気を吸うため、ふだんは気づきませんが、鼻咽腔の部分が常に炎症を起こし(鼻咽腔炎)、そのために、これが鼻血の原因になることが多いのです。

 このほか、鼻血は高血圧のときに出るもの、月経のたびに出るものなどがあります。また、副鼻腔がんや白血病でも出血することもあります。あまり出血が頻発するようでしたら、医師に見てもらいましょう。
スポンサードリンク

 ★ 鼻血の処置

 
鼻血が出たら、頭を高くして休みます。鼻は冷やしておきます。血がのどのほうへまわることがありますが、決して飲んではいけません。鼻には清潔な脱脂綿を大きなかたまりにして詰め、小鼻の上から押さえて安静にしていると止血するはずです。

 ★ その他の異常

 ● 鼻がはれて痛む
 鼻先や鼻毛の生えている鼻前庭、鼻翼などに鼻せつができた場合にみられます。
 
 ● においがわからない
 かぜのときや鼻たけ、蓄膿症のときにおこります。
 
スポンサードリンク

 

 病気を発見したりなおしたりするのはお医者さんですが、医師のいる病院へ行くかどうかを判断するのは自分自身。また、乳幼児がいる場合は親の責任です。それらを正しく判断できるようにするために、症状についての知識を持っておくことが必要となります。「症状でわかる病気」では身近に起こる症状を紹介しています。参考にしていただければ幸いです。
 


Copyright (C)  健康Life 症状でわかる病気 All Rights Reserved