スポンサードリンク

 
くびの異常
Home > くびの異常

 人は四つ足で歩く動物から進化し、立って歩くようになり、また、知恵の発達とともに、頭も大きく重くなりました。しかし、首の骨や筋肉の構造は、四つ足の昔とたいして変わっていません。したがって、ちょっとしたけがや、また歳をとると、くびに異常が起こります。

 また、くびは狭い場所に、脊髄や食道、気管さらに自律神経などをおさめているので、専門的な治療が必要となる病気やけがによる異常も少なくありません。

 ★ くびがはれる

 ● 側頚部がはれる
 るいれきでは頚部のリンパ節が結核菌におかされ、じゅず状につながってはれてきます。むし菌や扁桃炎などのときにもリンパ節がはれることがあります。悪性リンパ腫では、リンパ節のはれはだんだん大きくなり、やがて、全身のリンパ節がはれてきます。

 ● 前頚部がはれる
 くびの前側にある甲状腺は、諸々の原因によってはれます。この腺は、大きな梅の実大のものが左右にあるので、リンパ節のはれと大きさが異なります。甲状腺のはれる病気には、甲状腺機能亢進症。眼球が飛び出すのはパセドウ病、単純性甲状腺、急性甲状腺炎、亜急性甲状炎、慢性甲状腺炎などがあります。甲状腺がんでは、はれがだんだん大きくなります。
 
 ● 後頚部がはれる
 毛のはえぎわの部分は、せつやようなどいわゆるおできのできやすいところです。ここにおできができると大きくなって、局所にも熱をもちます。糖尿病のある人は、ずるずるとおできが広がり、生命の危険もあります。

 ● 慢性にはれて、痛みも熱もない
 この場合は、悪性腫瘍の場合も考えられるので、専門医の診療を受けましょう。

スポンサードリンク


 ★ くびが痛む

 ● くびが痛むが肩や手には放散しない
 くびの骨の結核や、くびのリンパ節炎などがあります。骨の結核は、X線検査でわかります。

 ● くびや肩、腕などに痛みやしびれ感を伴う
 脊髄から神経が出て、くびを通り方から上肢に走る途中で、神経が圧迫されたり、刺激される場合に生じ、これを顎腕症候群といいます。その中でいちばん多 いのは、頚椎と頚椎との間の軟骨の頚椎版が突き出る椎間板ヘルニア、または椎間板障害で、くびを後ろにそらせると痛みやしびれをまします。

 ● めまいなどの他の症状を伴う
 交通事故などによる、いわゆる、むち打ち損傷のときによく生じます。

 ● 急にくびがまわらなくなる

 まず寝ちがいがあげられます。無理な姿勢や冷たい風に当たりながら寝たときに生じ、ちょっと首を動かしても痛みます。

 ★ くびが曲がる、震える

 ● 生まれつき曲がっている
 最も多くみられるのが筋性斜頸で、側頸部の胸鎖乳突筋が短くかたくなっています。

 ● 生まれつきの原因ではなく曲がる
 くびのやけどのあとのひきつれ、むし歯などのときに起こる首の深いところのリンパ筋炎などで生じます。

 ● くびがふらふら動く
 くびがすわらない場合は、神経の異常な緊張によるもので、脳性小児麻痺、パーキンソン病などで生じます。高血圧症でもくびを振ることがあります。

 ★ くびの異常の処置と注意


 ● 心配になるもの
 リンパ節のはれが三週間以上も続き、痛みのない場合は、がん、肉腫、結核などが考えられます。むち打ち損傷や頸腕症候群は、ほうっておくと悪くなることがあるので、専門医に早くみてもらうことです。

 ● 心配のいらないもの
 寝ちがいは、くびを安静にしているだけでも、二週間くらいでよくなります。
スポンサードリンク

 

 病気を発見したりなおしたりするのはお医者さんですが、医師のいる病院へ行くかどうかを判断するのは自分自身。また、乳幼児がいる場合は親の責任です。それらを正しく判断できるようにするために、症状についての知識を持っておくことが必要となります。「症状でわかる病気」では身近に起こる症状を紹介しています。参考にしていただければ幸いです。
 


Copyright (C)  健康Life 症状でわかる病気 All Rights Reserved