耳の異常,耳が痛い

耳がかゆい,耳 難聴

耳の異常
Home > 耳の異常


 ★ 耳が痛い

 ● 耳のまわりや入口の近くが痛む
 耳の穴の入口からところにあまり深くないところに外耳道せつと呼ばれるおできができたときにおこります。耳を引っ張ったり、押したりすると強い痛みがあります。

 ● 耳の奥のほうが刺すように痛む
 これは、急性中耳炎のときに見られます。痛みとともに、耳がふさがったようになり、「ごうごう」と耳鳴りがして聞こえが悪く、同時に熱っぽく感じます。

 ★ 耳がかゆい

 外耳道に湿疹があると、耳がかゆくなります。これは赤ちゃんに多くみられ、この湿疹を手で引っかいて、また別のところを引っかくと、湿疹が全身の皮膚に移ります。俗に言う「とびひ」です。

 ★ 耳がよく聞こえない(難聴)

 聞こえが悪い原因は多くありますが、ひと口に言えば、難聴は、伝音難聴と感音難聴に区別することができます。

 伝音難聴の場合は、どんなに悪くなっても、耳もとで話せば人の声が全く聞こえないということはありません。また、治療をすればなおることが多いし、補聴器をかけると、非常によく聞こえるようになります。

 これに反して、感音難聴は、いろいろな点で性質が悪く、たとえば補聴器をかけても非常によく聞こえるようになるとはかぎらず(多少はよくなる)、伝音難聴と異なって、非常に聞こえの悪い場合は、聾のように全く言葉の通じない物まであります。

 ★ 伝音難聴

 外耳や中耳の病気で起こる難聴です。

 ● 外耳の病気があって聞こえが悪い
 この場合は、耳こう栓塞、耳真菌症などが考えられます。

 ● 痛みと耳鳴りがして聞こえが悪い
 この場合は、急性中耳炎です。

 ● 痛みがなく単に聞こえが悪い
 この場合は、耳管狭窄症が考えられます。

 ● 耳だれが出て聞こえが悪い
 この場合は、慢性中耳炎です。不快感やめまい、発熱、耳の後ろのはれなどを伴うときは乳様突起炎です。

 ★ 感音難聴
 
スポンサードリンク
 内耳や聴神経が悪いために起こる難聴で、強い音を聞いたために、「かーん」として聞こえなくなったのや、ストマイ難聴、聾唖(ろうあ)などがこれに属します。

 ★ 耳鳴りがする

 ● 脈打つような耳鳴りがする
 ごうごうという脈を打つような耳鳴りがあって、耳の奥がきりで刺すように痛いのは、急性中耳炎です。

 ● かんかんという高音の耳鳴りがする
 内耳炎のときに、このような耳鳴りがすることがあります。

 ● ちーっとせみの鳴くような耳鳴りがする
 耳鳴りとして最も多いものですが、その原因はよく分かっていません。しかし、耳管炎や鼻咽腔炎の治療をすると、この耳鳴りがおさまることがよくありますから、このような疾患が原因となっていることも考えられます。

 ★ 耳だれが出る

 ● 水のような耳だれが出る
 これは急性中耳炎や慢性中耳炎の再発のときに見られます。

 ● うみのような耳だれが出る
 これは慢性中耳炎のときに見られます。この耳だれは、なかなかとまりません。

 ★ 耳が腫れる

 ● 耳の入口が腫れる
 耳の入口に外耳道せつができている場合にみられます。非常に痛く、耳を引っ張ったり、押したりすると、痛みがはげしくなります。

 ● 耳の後ろが腫れる
 これには耳の入口にできた外耳道せつが後ろのほうに腫れだす場合や耳の後ろのリンパ腺の腫れた場合、それに乳様突起炎の場合などがあります。


スポンサードリンク


 


Copyright (C)  健康Life 症状でわかる病気 All Rights Reserved